個人でイラストを作って欲しい人はSKIMAが安い

f:id:Rustyman:20170219170706j:plain

最近ではブログやSNS、動画サイト等個人でもイラストの需要が高まっています。以前は身内の伝手が頼りだったりしましたが、最近ではクラウドソーシングを利用することで簡単に発注できるようになりました。

SKIMAはイラスト特化型

 

SKIMAはイラスト特化型のクラウドソーシングサイトで、一枚絵の他、漫画や似顔絵などを発注することが出来ます。ロゴデザインなども可能ですが、イラストレーターの割合としてはやはり単品のイラストがメインですね。

会員登録や実際の依頼は法人でなくても大丈夫です。個人でも年会費等はかかりません。また支払いにはクレジットカードかコンビニ払いが選択出来、簡単に手続きすることが出来ます。SKIMAの収益としては、依頼者とクリエーターが取引を完了した段階で、クリエーターから手数料を一部貰う形で成り立っています。なので依頼するだけなら特別な費用は発生しません。

まずは無料会員登録

イラストの相場は個人にも優しい

SKIMA内の単価は他のクラウドソーシングサイトと比べてもかなり安価なことが特徴です。利用者層をどちらかというと個人ユースに抑えたのが効いていますね。SNSロゴなど小さい画像を制作してもらいたい人が気軽に頼める値段です。YouTube等に配信する動画用に立ち絵を制作して貰うのも良いですね。また文章メインで同人活動されている方も、挿絵を気軽に依頼出来ます。

制作単価は1000円くらいをスタートに、人によっては10000円以上とかなり幅が有ります。とはいえPixivで直接やりとりをすると50000円以上ということもザラで、このレベルで個人がまとまった枚数を依頼するのは資金的に厳しいです。予算的に制約を受ける個人や同人サークルにとっては有り難い存在と言えます。

資料を集めておくと効果的

イラストを依頼する際は、提案を募ることも出来ますが、やはり完成時の出来に間違えが無いようにするには、ある程度ポートフォリオをベースに希望の作風に近い方へ依頼するのが確実です。

またキャラクターやデザインのイメージが固まっている場合は、事前に資料を用意しておくと、打ち合わせがスムーズに運びます。丸投げしてしまう場合は別ですが、ある程度指定が有る場合は、ラフ段階で打ち合わせるなど、早めに方向修正する形を取っておくと納品がその分速くなります。基本的には完成形にこだわる方ほど打ち合わせの回数を増やした方がベターです。