読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての白色申告はクラウド会計ソフトのfreeeを使うのが簡単

副業 副業-確定申告

f:id:Rustyman:20170217223522j:plain

2月も半ばで確定申告のシーズンです。まとまった収益を上げているブロガーやアフィリエイターの方は、今年はうちもと思っているのではないでしょうか。会計をクラウド管理してくれるfreeeは大きく手間を減らしてくれる便利なソフトです。

初めての確定申告も安心のfreee

ブログやそれに関連するアフィリエイトは比較的コストのかからない副業です。ただしサイトを維持する上でサーバやドメイン代など若干の費用が発生するケースが有ります。それ以外にもレビューを書いたり、取材で足を運んだり、意外とコストかかってる・・・という方は会計ソフトできちんと費用を管理するべきです。収益に対してかかった費用をきちんと申告することは当然節税につながります。

確定申告が必要なのは年20万円以上の収益が有った方

もし貴方の昨年の収益が20万円を下回る場合、これは確定申告は必要有りません。ポイントになるのは収入-費用の合計が20万円を越えたかどうかです。収入が大きくても、沢山の費用が有って最終的な利益が20万円を下回る場合は、今回は確定申告の対象から除外されます。

しかし副業の収入が着々と伸びてきて、来年はどうしても20万円を越えそうなら、早めに帳簿をつけておくのがベターです。特にアフィリエイトの収入は一気に伸びる傾向が有るので、早めの準備をおすすめします。

簿記の知識が無くても大丈夫

確定申告を初めて行う方にとって帳簿を付けるのは、心理的なハードルがとても高いです。資産の管理と聞くと難しく感じる方もいるでしょう。

Googleの元社員が立ち上げたfreeeはユーザーの使い易さを重視しており、入力者が直感的な操作を行える仕様です。簿記の専門教育が無くても適切な項目に支出を振り分けることが可能になっています。

また取引先の情報はどんどん蓄積されますから、使用期間が長くなるほど使いやすくなっていきます。

クレジットカード情報を一括読込可能

f:id:Rustyman:20170312200141j:plain

freeeではクレジットカード情報を読み込むことで、瞬時にデータの共有が可能です。その為、支払いの度にいちいち入力する手間を省いています。これに慣れると支払いは全てクレジットで行いたくなるほど便利です。勿論事業に関連する項目だけ抜き出して登録出来るので、個人の支払いとカードを分ける必要も有りません。

また取引先の名称から、費用の内容や税区分を推測して振り分けてくれる機能を持っています。このおかげで簿記の知識が無くてもきちんと帳簿を付けることが可能です。

 

f:id:Rustyman:20170312201332j:plain

最終的な収支のバランスはグラフ化されるので、どこからどれだけ貰っているのか、支払っているのか再確認しやすい仕様になっています。収支の入力から書類のサポートまで一貫してサポートしてくれるので、初めて確定申告をする人にとっても強い味方となります。

また今年は確定申告の必要が無かった方も、来年は必要になる可能性があります。今のうちにお金の動きを管理しておくと来年が楽ですよ。白色申告・青色申告両方に対応しているので、まずは無料会員枠で実際に運用してみるのをおすすめします。

個人の白色/青色申告なら最も安いプランでOK

freeeは数ヶ月の無料期間が有りますから、収入と支出の回数が数えるくらいの方ならその間でも十分作業が可能です。特にアフィリエイターの場合、GoogleやAmazon、A8等利用しているサービスが数社なら収入も把握しやすく、一年分の入力もそんなに時間はかからないでしょう。実際、私も1年分の項目数はわずかなので、一日でも作業可能です。

そしてfreeeを継続して使用したい場合の費用です。もし毎月振り込まれる金額がかなり大きく、来年以降も確定申告が必要になりそうな方は、個人用の月額980円のプランが一番安価です。安いプランでも個人での利用なら十分で、白色申告からより高度な青色申告まで対応しています。売掛金や買掛金の処理が頻繁に入る様な中小企業以上の場合は月額1980円のプランが推奨されています。

 

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」