読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツ用眼鏡はJINS? Zoff?

眼鏡 眼鏡-スポーツ

f:id:Rustyman:20170211221607j:plain

スポーツや仕事で眼鏡をかけている方は多いと思いますが、コンタクトに比べるとどうしてもズレが気になって頻繁に位置を直すことになります。コンタクトの方が手間がいりませんが、特に仕事では長時間の着用を強いられる為、負担の少ない眼鏡も有ると便利です。そういう方はスポーツ向けの眼鏡を選択すると大きく楽になります。

やや散発的なJINS

JINSには元々JINS Sportsというスポーツカジュアル向けのラインが有りましたが、2017年現在ではラインとしては廃盤になっており、個別にスポーツ向け商品を用意する形となっています。具体的にはRubber Combination Airframe等がそれで、テンプル部分に滑り防止の溝加工を施している他、通常シリコンを用いるパッドを大きめのゴムパッドにしています。激しい運動でも眼鏡がずれにくく、コンタクトレンズが辛い方にはおすすめです。

定番商品を揃えるZoff

Zoffは以前からゾフ アスリートというラインを立ち上げており、こちらは今も定番商品です。アスリートという名前の通り、ビビッドなカラーを差し色に用いることで明るいスポーツウェアとマッチするスタイルに仕上げています。コンサバティブなナイロールや、クラシックなウェリントンと形も揃っており、種類としてはこちらの方が豊富です。またデザイン性でもZoffの方がこだわって作られています。

どちらが安い?

フレームの価格そのものはどちらも7000円から8000円程とほぼ同じ金額です。ただしZoffの場合、薄型非球面のレンズがオプション設定になっているのがポイントです。仮に一番薄いレンズを選択すると+5000円ほど余計にかかります。一方JINSの場合は、極薄のレンズを選択しても値段に変わりが有りません。その為強度近視の方だと、JINSの方がトータルコストで安くなる可能性が有ります。ただあまり度の強いレンズの場合は特注扱いになるので一週間程の納期が必要です。

もう1ランク上の商品が欲しいときは

JINSやZoffは比較的安価な製品で、壊してもあまり財布の負担になりません。一方、あまりチープでなく、もう1ランク上のクオリティを求める方もいらっしゃるかと思います。予算が十分に有る方なら、オークリーのクロスリンクが定番商品です。

やや角張ったウェリントン型で、非常にスポーティな形状です。また個々人の好みに合わせて眼鏡のサイズを選べるようになっており、大型レンズを選択することも出来ます。
スポーツウェアメーカーとしてのブランド力も高く、普段オークリーを愛用されている方におすすめです。