失業保険支給時にはアドセンス収益等は全て報告すること

f:id:Rustyman:20160918114759j:plain

近年ブログで独立する、所謂プロブロガーが増えていますが、そこまでいかなくてもブログから一定の収益を受け取っている方は失業保険の受け取り時は要注意です。やや特殊な収入ですし、事前に説明しておくのが無難です。

アフィリエイトは立派な収入

Google AdSense 成功の法則 57

Google AdSense 成功の法則 57

 

こう書くと「うちは月数千円だし収入というには小さ過ぎるんですが…」と思われる方もいらっしゃると思います。ハローワークとしてはどんな微細な収入も報告する様説明しています。また、失業中にブログを集中的に更新すれば案外金額は大きくなってしまうもの。後で懲罰金を支払うよりは、始めから全て報告しておいた方が無難です。

月5万円程で減額されることは無い

一般的なお小遣いの範疇として、月5万円を例に挙げてみましたが、このくらいなら失業保険は満額支払われます。ただし金額次第では更新日数がネックになるので、ご注意下さい。ハローワークとしては、ブログを更新した日を実質的な労働が有った日とカウントするからです。つまり毎日更新して月30日働いたとすれば、5万円貰っても一日当たりの所得は30分の1ですが、一日しか更新していない場合、一日で5万円稼いだと判断されます。実際は認定期間のずっと前に書いた記事が収益を稼ぐ場合がほとんどですが、そういう解釈をされますのでご注意を。

アドセンスはほぼ報告することになる

月一度の認定日には、その月に実際振り込まれた金額を報告します。この時ポイントとなるのは、口座等に入金されたタイミングで報告するということです。例えば今月認定日が有ったとして、見積もり収益も相応に上がっているとします。この場合、報告が必要なのは、金額が確定し、実際に振り込まれた月です。Googleアドセンスは月末締め翌月末払いと非常に支払いまでのスパンが短い為、認定日に報告しないといけない可能性が高くなります。

一方、amazonアソシエイトの様な月末締め60日後支払いの様な、実際の振込みまでの期間が長い物が存在します。この場合、認定期間中に収益が発生しても実際にお金を貰うまでにかなり時間が有りますから、人によってはハローワークに報告する前に再就職が決まる可能性が有ります。また、認定期間外で発生した収益は、実際に受け取っても報告する必要は有りません。つまり仮に2月から認定期間がスタートした場合、1月で発生した収益は認定期間外ですから、これは報告しなくても大丈夫です。2月中に発生した収益も、アドセンスなら翌月ですが、amazonなら翌々月と報告する日が一月遅くなります。

なので失業中はアドセンスは外して、amazonやASP等、振込みに時間のかかるタイプの広告に注力するのも有りです。

収益の後出しは余計な手間がかかる

例えば認定日を過ぎてから収益が有ったことを報告する場合、給付額が適正だったかの調査が行われます。最悪の場合、払い戻す必要も有るので注意が必要です。また再発防止に一筆書かされる、ハローワークへ複数回訪問する等、相応の手間がかかりますので、早め早めに報告する方が無難です。インターネット上にはブログ収益は報告しなくてもOKという書き込みが有りますが、プロブロガークラスの収益が無い限りは支給額に影響しませんし、小額でも報告しておくのがベターです。

ほったらかしでも月10万円!  ミニサイトをつくって儲ける法

ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法