100記事書いたなら月間10万PVでもおかしくない

f:id:Rustyman:20160904150224j:plain

ブログを運営していくと100記事という単語は目安として良く使われます。確かに記事のボリュームとしても丁度良く、特に最初のブログで100記事越えたら達成感はかなりのものです。

実際100記事でどれくらいのPVが集まるのか?

まずブログに100記事だけ有る場合ですが、月間10万PV有れば中々です。最近はSNSを経由して比較的アクセスは集めやすくなっている為、上手い人ならこれ以上のパフォーマンスを発揮しているかもしれせん。初心者でも5万PVのラインには到達していたい所です。とはいえ今10万PVに達していなくても、これが200、300と記事が増える毎に徐々にパフォーマンスは改善していきます。ある程度アクセスを集める努力は必要ですが、300記事が出来上がる頃には、初心者でも100記事当たり10万PVというのは不可能では有りません。

何故PVが伸びないのか?

もし100記事書いて10万PVに届いていない場合、手持ちの記事の内容を振り返ってみると良いでしょう。いわゆる個人の日記的な記事は検索エンジン、SNS共にレスポンスが悪く、集客の難しいジャンルです。検索エンジンで度々検索される様な情報へのニーズ、SNSでシェアされる様な速報性・意外性、このどちらも無い記事はアクセスを稼ぐのが非常に難しいです。ブログは趣味の延長と捉えるならそれでもOKですが、100万PVを超える様な規模となると、記事の選別は必要になってきます。アクセス解析を利用して、アクセス数の平均を下げている記事を洗い出すと今後の方向性が定まってくるでしょう。

どうやってPVを伸ばせばいいのか?

まとまったPVを集める方法はいくつか有りますが、短期的に非常に高い成果を上げられるのはSNSが強いです。特にはてなブログは、はてなブックマークとの親和性が高く、ブロガー同士でブックマークする文化も根付いていますから、そうした身内同士で集まるのも手です。ただ一定数のブックマークを長期的に維持するのは、ブロガー本人に高いコミュニケーション能力が求められますし、ホットエントリーに掲載されう続けるのは難易度が高いです。企業のブログでは、ブックマーク数を稼ぐ為に有償で募集をかけることも聞きますが、ここではブラックな手法の一つとして紹介するだけに留めておきます。

もう一つ、Google等検索エンジンからアクセスを集める手法が一般的です。これも闇雲に記事を書くのではなく、キーワードプランナーでどの程度の検索数が有るかを事前にリサーチすると無駄が有りません。最近仕様が変更され、やや使いづらくなりましたが、目安として1000から10000くらいの競合性の低いワードを書き続けていけばじわじわとアクセスが増えていきます。